Wedding Report

Masahiro & Mami

ふれる

もともと一つの輪っかの指輪からできた結婚指輪を大切なものだからとこだわってつくり身につけているお二人。「その指輪をゲストにも触れてもらいたい」と話してくれる。ふんわりした雰囲気の中に二人の想いと芯が伝わる。挙式のリングリレーには、一つのものを分かち合いそしてゲストが触れて二人の人生を送り出してくれる、そんな想いが込められている。二人と指輪に触れる、ゲストとのつながりに「ふれる」あたたかい結婚式を。

– STYLING –

青空と気持ちのいい風が吹くスカイチャペルで子どもたちのはしゃぐ声とともに入場。リングを赤いリボンに通しゲストが触れながら二人の元へ想いが届く。バブルシャワーが虹色に光りながら風にのり二人を包み、二人もゲストも笑顔があふれる。披露宴の入場は、ご友人が二人のために即興でピアノ演奏し、式をさらにあたたかくしてくれる。一人ひとりの顔が見えてゲスト一人ひとりにふれる心があたたまるwedding。

1 day of wedding

REAL VOICE

The way to the wedding -結婚式までの道-

何箇所かブライダルフェアに参加して、その後にさくらの樹に行ったので「もっとほかも見てみようか」とはなりませんでした。
担当の人柄。色々話したくなるような気持ちにさせてくれて、初めて会ったときから沢山笑いました。あまり大人数を呼ぶつもりは無かったので規模はソコソコ。ゲストからすれば、呼ばれて祝儀と交通費と出費がかさむからにはせめて美味しいもの食べたいって思うはず!と思ってご飯にはこだわりたいって夫婦で話をして決めました。
具体的にどうしたいとかは無くて、ふんわりとそんな感じになればいいねーって感じで、打合せでは「自分らしさ」ってなんだろうと考えながら、色々例を出し合って、肉付けを少しづつ進めていくって印象でした。
遠方で何回も打ち合わせというわけにも行かなかったので、当日までは楽しみ半分、そわそわ半分でした。

1 day of wedding -結婚式の1日の感想-

「身近な人に感謝を伝える」「みんなの顔がきちんと見える」「ガチガチすぎない適度なゆるさ」は大事にし、みんなの顔が見える距離感でみんなとちゃんと話したいとこだわりました。
フォトプロップスとかも置いて心が温まるようなほっこりした楽しい印象にしたり、参加型シャボン玉シャワー。みんなに指輪を触ってほしくてリングリレーを。天候にも恵まれて、シャボン玉は友達が撮ってくれた写真が綺麗すぎました。
ナチュラル調の会場が気に入っていてコーディネートはお任せ。みんなが楽に過ごしてほしかったので、あえて余興はなしに。手書きのメッセージカードを。フォトラウンドでフォトプロップスやメッセージボードを使って楽しく撮影会。ゲストへ感謝の気持ちを込めた手紙を読ませてもらいましたが、嬉しかったよって言ってくれた友達もいて成功だったと思います。
ゲストからは、料理が美味しかったってのがとても多かったです。
会社の人も久々にあんなにいい式に参加したよと言っていただけて、やって良かったなぁって思いました。
なんといっても終始奥さんが可愛かったですね!僕の友達から羨ましすぎるってお声をたくさん頂戴しました、ありがとうございます笑